top of page
検索
  • Ryo Yamaguchi

2023 11

更新日:2023年12月4日

夏の残像と真新しい冬の風に、挟まれるようにあるこの季節が好きです。

物悲しい雰囲気が漂っています。

でも、なぜでしょうか、なんとなくこの冬までの短い時間が

胸をきゅっと締め付けるようで不思議と嫌いじゃないのです。


なんでだろうと考えてみると、なんとなくですけど、

今年一年(まだ終わっておりませんが)をうっすら振り返ったりしたからなのだと

思いました。

ゆっくり過ごしたお正月からもう十ヶ月も経ち、今年ももうすぐ終わりがきます。

息子の中学進学から、幼稚園二年目の末っ子、すっかり小学生に慣れた娘たちによる、

単年ごとのドラマの数々には、毎年ドキドキさせられつつも、楽しみつつ過ごすように心がけています。

ハイライトは息子のことでしょうかねぇ。

初めて中学校生活に戸惑いながらも、激励し、なんとか自分の力で生活を軌道に乗せてくれました。

お互いに新たな経験をすることができたのは、変えがたい経験となりました。

娘も習い事のお稽古や学校行事も疲れていても頑張る姿がありました。

末っ子は夢見るワンダーボーイ。笑ったり怒ったり、気ままです。

そうして振り返りつつ、残りわずかなこの一年を大事に過ごそうと、

そして良い一年だったと振り返られるように1日1日を過ごしたいと

涼やかな秋風を浴びながら思ったのでした。


さて、お久しぶりのイベント出店は、

なんと大雨でした(笑)

それでもたくさんの方々が数珠つなぎに来てくださって、

持ち込んだマフィンは完売となりました。


相変わらずの滑り込み搬入の我々を待っていたのは大雨でした。

予報ではわかっていましたが、自分たちが着くと止むだろうという

わけのわからない自信はばらばらと崩れ落ちました。

しかしそこに現れたのが長崎大学ボランティアの3名の女の子たち!

手際よく、かつ一生懸命、雨に濡れながら搬入を手伝ってくれました。

(本当心からありがとう!!!)


販売の方もなかなか苦戦しまして、

テントの屋根が折れ、そこに水が溜まって時々滝が流れ

非常に小さな場違いなテントのせいで傘をさしていただきながらの購入スタイル

横殴りの雨に一部商品が濡れてしまうなど、

難しいコンディションでしたが、それはこれだけのお店のお客様がた。

ご来場くださり、あたたかく励ましをくださり

次々とご来店いただきました。

また買うだけでなく、

あたたかい差し入れをくださったお客様

色々買って来てくださったお客様

アーチュの名物かもしれませんが、めっちゃいいお客さんに恵まれて

本当に感謝しかありません。


一緒に頑張った出店者の皆さん

ずっと運営のところでご尽力されていたOSOTOYAさんやスタッフの方

大変だったけど、記念に残る1日となりましたし、

改めて皆さんに支えられていると感じました。


愛隣会でも、スタッフの方々や毎度ながら素晴らしい会場に恵まれて、

本当に気持ちの良い1日を過ごすことができました。

子どもたちもたくさん楽しませてもらいました。

来年も良い企画ができることをお祈りしております。


イベントには行事などが重なってなかなか参加できずでしたが、

久しぶりに参加してみると、いろんな方々の

イキイキと働く姿が見られて励みとなりました。

また機会があれば挑戦したいなぁと思います。


さて、Archu&Puticaはオープンから8年となりました。


ここを訪れてくださる方々のあたたかい気持ちに支えられ、

今もなんとか続けられています。

僕たちにできることは限られていますが、

これからも精一杯やれるところを頑張りたいと思います。

8年目まできたら10年目までなんとか生き延びたいと

思うようになりました。頑張ります!



閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page