• Ryo Yamaguchi

全感覚祭19 ぼくら

触れる、見る、訊く、食べる。

感覚によって持たされるもの、鈍感になってやしないか。

色、風、水。

目の前を通り過ぎるものを、見逃し過ぎてやしないか。

美醜、善悪、価値。

自分だけの物差しで計測していないか。

ぼくらの細胞をちゃんと震わせているのか。

おいしい水を飲んでいるのか。

目と耳、手と脳は、なにに触れて、なにと話しているのか。

変革元年。令和元年、万和(ばんな)の方が好きだった。

喜びってなんだろう。

あなたはどう生きる?

質問ばかりですみません。

でも、こうしているあいだも、

潮は満ちて引き、月は欠けて満ち、

時間は巡っている。

そんな当たり前の事実

ついついっていうのから離れたい。

忘れかけていることを、もう一度見つめ直そう

泉町にはそういうものが転がっている

こんなことが心を反復する全感覚祭でした。

一つのことに向かう人の姿は美しい。

形違えど、同じ心で、この場所で、やっていきたいです。

もっと心に届くものを生んで、届けて行こうと思います。


107回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示